本文へスキップ

北名古屋市と豊山町の上水道、北名古屋水道企業団です。

お問い合わせはTEL.0568-22-1251(代表)

水道管の凍結対策

水道管にも冬じたくを

気温が-4℃以下になりますと、水道管内の水が凍って出なくなったり、管が破裂する事故が急に多くなります。

凍ったり、破裂しやすい水道管

  • 屋外で露出している
  • 建物の北側にある
  • 風あたりの強いところにある

凍結による破裂を防ぐには

水道管が露出している場合は、防寒材や厚手の布などを露出部分に巻いて、その上からビニールテープや防水テープでカバーしてください。
蛇口を少し開いて、チョロチョロと水を出しておくと凍結しにくくなります。

ご注意!
あまり水を多く出しますと水道料金の増額につながりますので、お気をつけください。

凍結したら

蛇口などに布切れをかぶせ、その上からぬるま湯をゆっくりとかけてください。
いきなり熱湯をかけますと管が破裂することがありますので、注意してください。

メーターボックスのフタはありますか

水道メーターもボックスのフタがない場合に凍結し、メーターのガラス部分が割れることがあります。
フタがない場合は、購入するなどして適正な管理を行ってください。
※凍結による破損で管理が不適切と認められた場合は、費用を負担していただく場合があります。

破損してしまったら

応急措置として、水道メーターのそばにある元栓(止水栓)を閉めてください。
修理のご依頼は、指定給水装置工事事業者へお申し込みください。


このページに関するお問い合わせ

北名古屋水道企業団 工務課 給水維持担当 0568-22-8095